2009/04/17

仮面山荘殺人事件 (講談社文庫) 東野 圭吾



:感想
★★★★☆

東野圭吾初読み。
ストーリーは、主人公が婚約していた人を事故で亡くし、程よくしてから婚約者の父親に別荘に招待される。そこで、体験する事は・・・Σ

久々にラノベ以外を読んだよ。

でも、特に違和感もなくいつも通りです。

正直ただの二時間ドラマ程度にしか思っていなかったが、そんなとんでもない。

本当に内容がシンプルで読みやすく、特に物語の構成も面白い。
出てくる人物がまた、謎過ぎてどう物語が進行していくのかと思ったら最後はとんでもないどんでん返し劇場。

読んだ人は確実にどんでん返しに巻き込まれるだろう。

まぁ、多少伏線で読み解く事が出来、途中から結構みえてくるのだが、最後のどんでん返しはそれでも面白かった。

たまにはこういう小説を読むのも悪くはナイト感じました。

しかし、人の名前を覚えるのが大変だった。←名前覚えれない人なのでΣ

大体名前覚えるのが時間かかった。

ライトノベル・小説 | Comments(1) | Trackback(1)
Comment
No title
こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

管理者のみに表示
Trackback
結婚を控えた森崎朋美は事故死。三カ月後、高之は別荘に招待。 朋美の親友・阿川桂子は疑問を投げかける。 男女八人が強盗と殺人に巻き込...