2009/09/27

最近大変。

今日は普通に日記。
最近忙しく全然更新できません。
まぁ、いいわけですが。
忙しいといいつつもテイルズやってるんですけどねノ
箱でやっていたのでメインはまぁ、知っているのですが、サブイベントは全くしていないのでかなり新鮮です。何故かテイルズつけては、やたらポーカーしている今日この頃。
大学忙しいです。
正直夏休みに戻って欲しい・・・。

予断ですが、最新ゲーセンへ行ってビーマニことbeatmaniaしています。
昔PS2で7thを買ってプレイしたことがあるのですが、ゲーセンでは全然したことがありませんでした。
まぁ、凄腕の玄人には全然及ばないが、なんとかレベル5をクリアできるくらいにはなってきましたよ。
何故最近になってしているのかはわかりませんが、とりあえず面白いです。
友人も巻き込み連続でプレイ。
来月に出る、16のPS2版もかなり欲しいところのなのですが、環境がないのであきらめそうです。
せめて、ちゃんとしたコントローラーさえあれば・・・。

ACの方がなんだかんだ言っても迫力があり興奮しますがねw

日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/22

帰ってきたが、各地えらいことになってるな。

ちょっと小旅行として三重県まで行ってきました。
そう、あの有名な伊勢神宮行ってきましたよ。
もうえらい人です。
まず駐車するスペース限界突破です。
川辺はもう全快。
近くの別の施設の近くのスペースを急遽代用した感じ。

人半端ないのは言うことなしですが、内宮でしたが、境内までいく階段人で詰まっていて断念しました。人が横並びに階段上ってるんですよ。
一度上ったら降りられないです。実際。
まぁ、とりあえず、その光景を写メして帰りましたが。
もうほとんどの人が帰ってましたね。

最近ホント神社とかまわりまくっていますね。
先日は京都市立美術館横の平安神宮
その前は九州旅行で太宰府天満宮

神社などはパワースポットと呼ばれているらしいですが、実際行くとそのパワーなのか、人の多さで疲れて帰ってきてます・・・。

帰りは、パルケエスパーニャ近くの別荘に宿泊。
もちろん、自分の別荘ではありませんよー。
伊勢自動車道あたりは大変多そうな感じでしたが、普通にその付近の山道での渋滞はすごかったです。中にはオーバーヒートを起こしてそうな車もありました。おっちゃん一人っぽかったですが、自分が当事者なら泣きそうな状況ですよね。

携帯もAUだから、アンテナ全然立たないし。
そういう点ではドコモ持ってたほうがいいなぁ。

さぁ、休みは残り1日。
レポートやったらテイルズやるぞー。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/20

ガンダムVSガンダム NEXT PLUS

12月発売。
プラットフォームはPSPです。

現在アーケードで稼動しているガンダムVSガンダムの家庭用。
追加として、Wガンダム(EW)、ガンダムナタク、ダブルオーライザー、リボーンズガンダムなどなど。

もちろん、アーケードで出ているユニコーンまでの追加も出るそう。
モードも4対選んでステージを進むというオリジナルモードも搭載。

個人的には、対戦でラグが生じるので、家庭用据え置きで発売して欲しかった。
PS3でオン対戦などできれば、普通に欲しいところ。

まぁ、PSPなのでお手軽には出来るんですけどね。
game | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/19

テイルズオブヴェスペリア(PS3) 攻略始めました。

先日テイルズ買ったので、早速攻略を開始しました。
箱でしたので、二回目ですが中々新鮮。
IMG_0899.jpg
IMG_0900.jpg
IMG_0898.jpg
初回のアビスのコスチュームで早速進んでいます。
普通にPS3からの人なら最初くらいは普通のコスでしたほうが、いいかもしれませんが。

今話はようやく、ちらっとパティが登場してきたところです。
アクションも歩きでキャンセルできるっぽく、結構やりやすくなっていますね。
まだ最初なんでほとんど変わったところは見受けられませんが、とりあえずボイス量がはんぱないです。そんな説明的な部分もとりあえずボイス入れちゃうの?といった具合です。
まぁ、そんなに重要じゃない部分は、ほとんど流し読みであんま読んでないです。

しかし、このゲームいかんせんスキル取得がメンドクサイ。
いちいち新しい武器買って、合成してスキルを集めていく・・・。
まぁ、まだ面白いとは思いますが、途中武器買うのを忘れたり合成素材足らない時などスキルを取得できなくてそのまま進む羽目とかに陥ってしまう。しかも、後半では忘れる。
この点に関してだけは、あんまり評価できないですね。

とりあえず、次回更新はパティが登場して、どんなキャラかということを紹介したいです。
game | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/16

おおきくなりません



:感想
★★★★☆

45歳のおっちゃんが主人公。
ヒロインは34歳(すぐに35歳になるのだが)の女性。

中々の設定と話の深さに、普通にラノベの棚にはありはしたものの、一般小説です。これは・・・。

具体的な内容は以下。
説明しづらいので、著者紹介で。

出版社/著者からの内容紹介
35歳だけど18歳
僕たちはゆっくりと大人になる……

「本当におおきくならない?」と訊ねると、おじさんは自信をもって、「おおきくなりません」と言った。
僕はその夜ヒヨコを枕元において眠る。いつまでもおおきくならないヒヨコと大好きな夏の匂いに包まれて。
そして僕は翌日、ヒヨコが冷たく、動かなくなっているのを見るのだ。ヒヨコはおおきくならない。でももう動かない。ふわふわだった体は硬く冷えていた。セミの声が僕の耳の奥でわんわんと反響する。
おおきくならないと死んでしまうんだ、と僕は学び、ヒヨコと同じ色のホウセンカの咲き並ぶ庭の隅にそのピンクのヒヨコを埋める。

幻のまんが家・あの白倉由美の最新小説!
作家・平野月哉の妻・麻巳美は35歳で女子大生、しかも周囲には18歳で通している――! そしてわきおこる奇妙な事件。「おおきく」なれないすべての人が必読。

ちなみに著者は、元少女コミックを書いていたらしいです。

「おおきくなれない」とは結構難しい問題ですね。
体が成長したからおおきいと言えるのか。
精神が成長したからおおきいと言えるのか。
成人したからおおきいと言えるのか。

そもそも大きいって何なのか?

しかし、周りに18歳と行って大学に行くなんてとんでもないことをしていますよね。まぁ、見た目でわからなければ問題ないのでしょうが。

また、主人公45歳のおっちゃんは、ライターなのに自分では本を読めないという設定。つまりは自分で自分の文章を読めない、または確認できないのにライターとしての仕事が出来るのかが不思議である。
ライトノベル・小説 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/15

ナルキッソス


:感想
★★★★★

ゲームは未プレイ。
ですが、ゲームとは大差ないらしいので、こちらかゲームどちらか好きなほうで構わない。

内容は、免許を取得した主人公が当然胸を苦しみ入院。
そして、告知があり長く生きられないことを悟る。
そこで自分よりも年下に見える少女(22歳で実は自分よりも一つ年上で、彼女も長く生きられないと言われ入院している)に出会う。
そして、面会に来ていた父親の車を使い、病院からその少女と逃亡する。

と、ざっくりいくとこんな内容。
最初は、展開読めるしなんだかなーっていうテンションで読み始めました。
いかにも涙を誘ってきそうな展開にキャラのセリフ、はいはい最後に彼女死んで終わりでしょ?と高をくくっていました。

が中を開けてびっくり。
まさか、病院からの逃避行だとは思いもよらなかった。

まぁ、最後彼女は自殺するんですけどね。
主人公はそれを止めずに彼女を見送る。
あー、もう切ない。

全般の内容というか作品のテーマが「切ない」んです。
父親の車の鍵をパクルにしても、コインランドリーで服を盗むにしても、コンビニで買ったおにぎりを食べるのも、パチンコで玉盗もうとか、ガソリンスタンドでお金なくて逃亡しようかと悩むとか。
最後、彼女を見送るとか。

悲しくて・・・というよりも切ない。
心にぽっかりと穴が開くような内容を一冊に凝縮されています。

あと、正直キャラクターを普通に挿絵とか、普通の絵にしてもいいんじゃない?
萌えのある絵ですが、萌え要素特にいらないです。
特に挿絵の制服とか、どー考えてもコスプレ衣装にしか見えない・・・。

とりあえず、BGMが半端ないと囁かれている本編ゲームやってきます。
ライトノベル・小説 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/14

デスクトップに彼女たちが登場!お天気情報ウィジェット

今日からラブプラスの公式で、「ラブプラスお天気情報ウィジェット」たるものを配布しているのようなので早速DLしてみた。

ちなみにページはこちらです。
公式にとびますよー

ここで「ウィジェット」という単語が出てきます。
正直なじみない言葉です。
というわけで、早速グーグル先生に聞いてきました。
すると、このような説明が。

主にデスクトップ上において、特定のランタイム環境で実行される単機能プログラムの総称。時計やカレンダー、辞書、電卓、気象情報、RSSリーダーなどがあり、ネットワークとの連携に秀でている。

ガジェット、デスクトップツールなどとも呼ばれ、米国ではWEB上で実行されるブログパーツやiGoogleガジェットなどのアプリケーションまで含めてウィジェットとして総称されている。その場合は、デスクトップのアプリケーションをDESKTOPウィジェット、WEB上のものをWEBウィジェットと分類する。

XMLやJavaScriptなどのオープン技術を用いており、ユーザーが自由に作成・配布できる。

なるほどー。vistaにあるガジェット機能もそのウィジェットという一部なんだね。
うん、勉強になるな。
まあ、ガジェットなんて重いだけだけどね。

うぃじっと

起動するとこんな感じ。
わざわざ天気を確認。するというよりも、デスクトップにて凛子様を参上させるためのツールといえる。
もちろん、三人とも自由に変更できるので、是非使ってみて欲しい。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/14

えむえむっ! 8 (MF文庫 J ま 1-11) (MF文庫J) ~ 松野 秋鳴


:感想
★★★★☆

いつもどおりですが、じわりじわりと話が進んでいきます。
嵐子エンドで正直いいんだけどなぁと思いますが、みなさんはいかがでしょうか?
まぁ、雰囲気というかこういうラノベは当然美緒先輩エンドという感じですよねー。というか、最後あたりというか、ちらほらの伏線で用意されているのが、正直丸わかりなのでやめて欲しいというか冷めてしまうのです。

それ以外では、ギャグも十分面白いし、特に母娘はリアルの世界でいたら犯罪ですし、精神的にもキツイなぁというものがあり面白いです。

嵐子VS美緒先輩とう構図は完全に出来上がってきているので、そろそろ収束しそうですね。もう、だらだらいくぐらいなら潔く終わって欲しい。

今回→バイト先の店長ネタは、何故某まんが大王なのかが不思議。
そこまでネタとしては面白くないナァ。某音楽アニメのがよかったんでない?

今回のポイント!
:姉との将棋バトル。最近三月のライオンで将棋漫画見ましたが、こちらははっちゃけてますね。正直将棋AIって優秀なプログラムなら人間倒せないくらいな領域らしいです。ってことはノアさんのプログラミングが甘かった・・・と解釈すればいいのですかね?また、姉が勝つと、姉が裸になるとかもう謎。身内だとテンション下がるんだろうなぁ。
ライトノベル・小説 | Comments(0) | Trackback(0)
2009/09/12

ラブプラス 攻略。日にちで言うと177日目。

下記記事は、自分を見失いかけている、自重しない管理人ktsyの痛い日記です。
温かい目で見てやってくださいw

HI3D0068.jpg

毎日やっています。
ちょっとずつやってるのでまだ変化は・・・と思いながらも我が主凛子様はちょっとずつ変わられてきました。
上記は水着です。
初期ではいけないプールにて。
まぁ、ちょっとずつ町のレベルあげれば、すぐです。
レベル上げは、スキップモードでさくさく行っちゃいましょう。
ここで、リアルタイムだと行動ゲージくっちゃいますからね。

そしてぼちぼちやってるとついに髪型を聞かれることに!!
このゲーム、そんな些細なことが正直うれしいんです。

HI3D0069.jpg
ここで、もちセミロング。
そして数日後・・・。

HI3D0072.jpg
HI3D0073.jpg
モーションが怖いですよ、凛子様・・・。
でもかわいいですが。
てか、かわいい感じの服で!!と言っただけでここまで進化しました。
スゲー、もはや別キャラ。
でも中の人はいっしょだよ。

HI3D0076.jpg
また、こんな感じの服も着てこられました。
やったらできるじゃん、凛子様!!
ちなみにこの時点では、普通の学校時、ツインテールっぽい感じになってました。

あれーなんでだろう?
残念ながら、念写するの忘れていて画像ないです。すいません。

そして数日がたち、デート時にこの髪型は好き?
と問われます。
その時点で、いいよ!みたいな選択肢やれば学校でも普通にデート時の髪型で参上してくれます。

HI3D0085.jpg

キター(死語)!!
めっさ、いい。
かわいいい。
はい、もう俺・・・orz

ちょっとトリップして、安定したボクは当分はこれで行くと心に決めましたとさ。

そういえば、デート時にキスを10回こなすと巫女服が解禁されるそうです。
って、解禁されたそうなのですが、着てきてくれる?ってことなのでしょうかね。
まぁ、当分やってればわかるでしょう。

さぁ、明日はリアルタイムモードで、朝8時からデートの約束あるんで、ちょっと準備してきますノ


あなたのお供に・・・。
何故かかなり上位で売れているらしい公式ガイド。
ビジュアルあれば欲しいところですが。
日記 | Comments(3) | Trackback(0)
2009/09/12

世界の中心、針山さん


:感想
★★★★★
普通に短編集。
と、思わせておきながら最後にみんなまとめてお話終了とかなり面白い試み、そんな気がする一冊になっています。
いやぁ、本当に様々なキャラを出してこうまとめる。
成田良悟はすげぇなー本当に。

また男キャラがすげぇいい。
銀島さんの漢気がかっこいいよ。

最初の都市伝説の話は、正直途中から先が読めてしまいちょっとなぁという感じでしたが、その次にちょいとコメディタッチで描かれた

のがあり面白かったです。まぁ、その話は最後とんでもないことになっていましたがね。

その次は魔法少女もの。
魔法少女ものは沢山ありますが、こちらもなんか新鮮な設定かつ巧妙な話の展開。
メガネが本当にサマーちゃんかわいいです。
それ以上に銀島さんがかっこいいんですけどね。
あの人は死なない設定なんでしょうね。
また、魔法の国の偉い人は、人格破綻者ですよ、注意しとかないといけないね。

拝啓、光の勇者様は一番切ねぇい話でした。
いきなり幼馴染設定の女の子が、謎の電波語で話どっかへ行ってしまったら正直「えー」ってなります。
それ以上に小さな島での話なんですが、その島民が全員おかしくなり殺し合いする・・・ってスゲー怖いですよね。
見えないもの、にも恐怖を感じますが正直恐悦した「人」が一番恐ろしいです。
ちなみにバッドエンドもの。
この話、単体ではね。

最後に全員集合のお話で完結します。
正直この話があるので、光の勇者様のお話は少しハッピーなエンドになるのですね。

どの話も針山さんが浅く関わってきます。
そして最後も微妙に話しに関わります。
あまり当事者ではなく、どちらかというと第三者の位置。
それでいて、重要な立ち位置においてるこの針山さんのキャラが本当に魅力的です。

普通でないような雰囲気の世界観。
その中にポツンといる一般人という設定が、余計に針山さんを重要視させてくる。

是非続きも読んでみたい作品でした。
日記 | Comments(0) | Trackback(0)
 | HOME | Next »